馬と豚

ホルモンバランスに影響するプラセンタ

私たちの体は多くの細胞から成り立っています。
その細胞が組み合わさって内臓や筋肉、皮膚など様々な体の一部が作り上げられます。
そんな体の細胞同士を神経が繋がることで連動し、体を思うように動かすことが可能になっています。
私たちの体は正常に動くのが当たり前の感じていますが、いろんな繊細なものが組み合わさることで日常生活を無事に送ることができています。

そんな安定感を保つためにとても重要な働きをしているのがホルモンバランスです。
ホルモンには女性ホルモンと男性ホルモンがあり、男性女性どちらにも両方のホルモンが存在します。
そのホルモンがどれだけ多いかによって体の造りも変わってきます。

女性であれば、女性ホルモンを多く持っていて、そのバランスを常に保ちながら生活をしています。
特に女性の場合は、月経があります。
排卵が起こることでホルモンバランスを整えることができています。

しかし、妊娠中や授乳中、閉経のときには月経がない状態になるため、ホルモンバランスが乱れやすいといわれています。
妊娠や授乳中は一時的なものですが、閉経はその後の人生常にホルモンバランスと戦わなければいけません。
そんなホルモンバランスが崩れた症状を更年期障害と呼ばれています。
更年期障害は、めまい、発汗、疲労感、倦怠感、うつ病など身体的なものや精神的なものまで幅広い症状があります。
ひとによって症状にも大きな違いがり、ひどい場合は体を起こすことも困難に感じる人もいます。

そういった症状の緩和に効果的なものとして、プラセンタの需要が高まっています。
プラセンタはホルモンバランスを整える働きがあるといわれています。
なので症状が深刻な人も軽い人でもどちらにも効果が期待できます。
すっきりとして、はきはきとした毎日を過ごしたい中高年にとって強い味方になるといえます。

また若い女性でも無理なダイエットや不規則な食事や生活スタイルなどで、ホルモンバランスを崩しやすい人が増えています。
ホルモンバランスが乱れると、本来定期的に来るはずの排卵が止まってしまい、生理も遅れたり止まってしまう女性が増えています。
そんな人は生活の改善とともに、プラセンタでホルモンバランスを整えることで体の正常化へとつながります。

このページの先頭へ