馬と豚

医療の現場でも注目されるプラセンタ

今美容界で様々な効果がることで注目されているのがプラセンタです。
これは哺乳類の胎盤かから成長因子を抽出して作られたものです。
主に豚や馬、ヒトプラセンタが使用され、サプリメントや軟膏、注射など摂取方法によって使用する種類が異なります。

そんなプラセンタの成長因子には、細胞分裂を促進する働きがあります。
受精卵から赤ちゃんとして生まれてくるまでの短い期間、すさまじいスピードで細胞分裂を繰り返していきます。
そして多くの栄養素を母体から赤ちゃんへと送り続けるために、とても重要な役割をしています。
なのでプラセンタにはとても豊富な栄養素が含まれているといわれています。

野生の動物は、産後の自分の体の回復を早めるために自分の胎盤を食べるといわれています。
それだけプラセンタが持つ自然治癒力、再生力はすさまじいものがあります。

得られる効果に注目しているのは美容界だけではありません。
医療の現場でもプラセンタは治療薬の一つとして利用されており、長い歴史があります。

医療行為で使用できるのはヒトプラセンタのみです。
使用されるヒトの胎盤エキスは、特定生物由来品として指定されています。
なので製品化されるためには、多くの検査や安全対策が義務となっています。

医療行為として厚生省に認められているのが、メルスモンとラエンネックという二つの治療薬です。
メルスモンは、更年期障害の症状の改善や乳汁分泌不全の治療のために使用される医薬品です。
すでに50年も前から使用されているという歴史があります。

もう一つのラエンネックは、肝機能の治療薬として認可されています。
プラセンタに含まれる抗酸化作用が肝臓にとても効果的なことが分かり、認められました。
これらのように医療目的と認められたものには、保険が適用するため負担が少なくより効果的な治療を受けられます。

今でもプラセンタの効力についての研究が進み、すでにアトピー性皮膚炎に対しての治療法の一つとなっています。
しかし保険は適応外なため患者に負担がかかってしまいます。
さらには、ガンの転移にも抑制があることが動物実験で判明しています。
そのほかにも再生能力を利用し、ガンや病気によって失われた臓器の再生治療の研究も進んでします。

今後もプラセンタの未知なる力が医療にも多く反映されていくことになるといえます。
そして、なるべく早く認可がおりることで、多くの人が自己負担が少なく治療法の選択肢が増えることが理想です。

このページの先頭へ