馬と豚

プラセンタのリスクについて

プラセンタというと多くの美容効果やアンチエイジングに効果があることから、女性の多くの人に知られています。
この配合されている商品も増え、いろんな形で摂取することができます。
健康食品であるドリンクやサプリメントタイプの他、配合クリームやプラセンタ注射など
いろんな方法で摂取することができます。

▼プラセンタ注射について詳しくはこちら


これだけ多くの手段で摂取できるということはその分需要が高いということがいえます。
なのでいろんな業者から様々なサプリメントが発売されています。
価格も業者によって手軽に手に入るものから、高価なものまであるため、どれが効果的なのかと悩んでしまう人が多いでしょう。

安くて効果がるものが一番ですが、安すぎるのも心配になったり、かといって高くても効果がるのかと不安になる人もいます。
種類が増えれば増えるほど、悩み方も増えてしまうといった状況です。
プラセンタのいい部分しか見れなくなってしまいがちですが、どんなものでもデメリットやリスクがあります。

▼考えられるリスクはこちら


それらの理由により、メリットの方が大きいため、需要は高まります。
それではプラセンタはどのようなリスクが考えられるのでしょうか?

プラセンタは医薬品としての効果と美容効果に分かれます。
医薬品に関しては、更年期障害の症状の緩和や肝機能の治療法として効果がることが分かっています。
なので医療機関で行う治療法といえます。
このときに使用するのがヒトプラセンタです。
もちろん健全なヒトの胎盤エキスを使用します。

その際にはHIVの感染検査、加熱処理をして菌を死滅させるなど多くの検査をクリアしなくてはいけません。
なぜなら、このタイプは特定生物由来製品として認定されるため、使用した場合はカルテの保存が義務づけられています。

それでも感染症の可能性が100%大丈夫といいきれず、極めて感染の可能性が低いということがいえます。
なので医療行為として受けたり美容効果としてプラセンタ注射を受ける場合は、リスクがあるということを忘れてはいけません。
そのほかのリスクとしては、注射でもサプリメントでもいえることが、アレルギー症状が起きるということです。

注射した場合は、摂取した個所が赤い湿疹ができたり、はれ上がったりする可能性があります。
また発熱などの症状を発症する可能性もあります。
プラセンタの一番の特徴は細胞分裂を活性化させる成長因子を含んでいることです。

成長分子の活躍によって、新陳代謝が上がり、体内にたまった老廃物を排出することができます。
よってダイエット効果が期待できるといわれています。
しかし中には、新陳代謝が上がったことで、エネルギー消化が進み、体に栄養素を補給したいという欲求が生まれてしまう場合があります。
よってこれが食欲倍増に繋がり、今まで以上にカロリー摂取をしてしまうことで、逆に太ってしまう人もいます。

このページの先頭へ