馬と豚

プラセンタに含まれる成長因子の働きは?

アンチエイジングや美容に興味がある人の中で、プラセンタは知らないという人がいないほど多くの人に認知されています。
この成分は哺乳類の胎盤から有効成分を抽出して作られています。
主な原材料となる哺乳類は、豚、馬、羊、ヒトの胎盤を使用しています。
これらの原料からできているプラセンタに含まれている五大栄養素はこちらで紹介されています 。

それぞれ特徴は使用できる方法が異なります。
例えば、ヒトプラセンタは注射など直接摂取する医療行為でしか受けることができません。

また馬プラセンタは病気などをすることがなく、飼育環境も整ったうえで採取されているので良質な有効成分を得られます。
それとは反対に、豚プラセンタは病気になりやすく一年に二回出産するため大量生産しやすく価格も手軽に得られます。

元々母体が違うわけですから性質が異なるのは当然のことです。
いろんな面で異なる部分がありますがどのプラセンタにも共通している成分があります。
それは成長因子が含まれているということです。
一番の特徴といってもいでしょう。

それではプラセンタに含まれる成長因子は、どのような働きがあるのでしょうか。
成長因子とは細胞分裂を活性化させる働きがあります。
これによって新陳代謝が高まり、どんどん新しい細胞が出来上がってきます。
なので古い細胞は排出され、常にきれいな細胞の状態を保つことができます。

一番わかりやすい例でいえば、プラセンタの成長因子はお肌の表面にも効果的です。
お肌の細胞を活性させることで、肌の内側からみずみずしく新鮮な真皮が出来上がりお肌の表面の細胞までも新たに生まれ変わります。
新陳代謝が活発になることで、今まで蓄積されていたシミやくすみなどの細胞部分も老廃物として排出されるようになります。
なのでお肌がより美白に近づいてきます。
女性にとってお肌の状態は、見た目年齢に大きく差が生まれます。

いくら若い人でもお肌がぼろぼろの状態では、実年齢よりも確実に上に見られてしまいます。
その反対に年が何歳になっても、お肌のお手入れが行き届き新鮮な細胞であれば、10歳以上若く見られることもあります。
それだけお肌は見た目に影響力があるということです。
いつまでも美肌をキープしたい方にはプラセンタの成分が含まれているスキンケア商品がおすすめです。
▼人気のスキンケア商品はこちら


私たちの体に含まれる成長因子はお肌以外にもあらゆるところに存在しています。

例えば神経細胞増殖因子、幹細胞増殖因子、インシュリン成長因子などがあり、体のあらゆる内面を改善していく効果があります。
通常では成長因子も10代のころは体内で作り出すことが可能でした。
しかし年齢とともに成長因子が形成できなくなり、20代には自力で作り出すことができなくなります。
すると成長因子を取り入れなければ、どんどん老化現象がはじまっていきます。
なのでプラセンタはアンチエイジングにとても効果があるということがいえます。

このページの先頭へ