馬と豚

植物性プラセンタとは?

今美容効果がる成分の一つとして、プラセンタは人気・知名度・効果などあらゆる面で大きな支持を得ている成分です。
多くの支持を得ているからこそ多くの商品が作られ、販売されています。

多くの関連商品が扱われることで価格帯も広くなり、良質なものから粗悪品まで販売されるようになります。
そこで重要なのは商品の特徴を見極めるということです。

そのためにはプラセンタにはどのような種類があるのか知る必要があります。
プラセンタは基本的には哺乳類の胎盤を指します。

例えば、プラセンタと聞くとヒトや豚・馬・羊などの動物性のプラセンタを思い浮かべる人が多いです。
この成分はこれらの哺乳類が出産のときまでお腹の中で胎児を育て上げるのには重要な役割をしています。
ただし胎盤とよく似た働きをするものとして植物性プラセンタがあります。

植物性プラセンタとは、植物でいう胎座という部分に当たります。
これはめしべとおしべが受粉する場所のことを指します。
そこで子孫を増やしていくわけですから、哺乳類でいる胎盤と同じような働きがある事が分かっています。
植物性はアミノ酸やミネラル、ビタミンらが豊富だという特徴があります。

主に植物性プラセンタは、トウモロコシや大豆などを原料として成分化されていきます。
ただし、動物性との大きな違いは成長因子が含まれていないということです。
成長因子は細胞分裂を促進する働きに最も重要な要素です。
なので同じプラセンタでも効果は全然異なるということになります。
それを知らないでどれもこの名前がついていたら同じだと勘違いしてしまう人が多くいます。

植物性には豊富なアミノ酸やビタミン類が含まれているので美容効果があるといわれています。
また植物なので未知数な感染症に不安を感じることなく安全に摂取できるという特徴もあります。
どこまでの効果と安全を求めるかによってプラセンタも選択する時代へと変わりつつあります。

このページの先頭へ