馬と豚

プラセンタにはどれだけの種類があるのか。

プラセンタとは主に哺乳類の胎盤のことを指しています。
哺乳類は受精卵から赤ちゃんの誕生まで、母体と赤ちゃんをつなぐ胎盤から栄養を吸収し成長していきます。
なので赤ちゃんの成長には、胎盤は欠かせないものといえます。

そんな胎盤の中に含まれる成長因子を抽出して作られたのが、プラセンタです。
プラセンタは哺乳類であればどんな生物でも持っています。
その中でも私たちの体内に取り入れることができるプラセンタは限られています。

実際商品に使用されているのは、牛、馬、羊、ヒト、豚があげられます。
その中で牛プラセンタに関しては、狂牛病が発生したことが原因で使用されることがなくなりました。
狂牛病は感染病の一つなので、何かしらの感染の影響があると考えられたからです。

そのほかの動物に関しては、100%感染の危険性がないかといったらそうではありません。
中でも豚から抽出されるものには、感染の可能性を気をつけなければいけません。
豚は一番病気などにかかりやすく、そのためワクチン接種などを受けている可能性があります。

なので飼育段階で厳しい審査のもと成長したSPF豚のプラセンタであれば安心して摂取できるといえます。

今最も安全性が高く高品質なものは馬プラセンタといわれています。
http://www.tokyoclassified.com/TCindex.aspにも詳しく解説されているのですが、
最も栄養価が高く豚プラセンタと比べるとアミノ酸含有量は数百倍あり豚にはない必須アミノ酸が6種類も含んでいます。
特に馬プラセンタはサラブレットから採取しています。

サラブレットはとても飼育環境がよく徹底されているので、安全なプラセンタを確保できます。
ただし1年で1回しか出産できないのでとても貴重です。
なのでサプリメントでも高額な商品になります。

そのほかにはヒトプラセンタは、日本では医療行為のみでしか使用できません。
同じ人間ですが感染症などが心配されますが、健康で安全だと血液検査などで確認された上で使用しています。
主にプラセンタ注射などに使用されます。

そのほかには羊のプラセンタも私たちの体にはなじみやすい性質があります。
日本では発売されていませんが、羊が多いニュージーランドなどでは化粧品などに含まれています。

そして哺乳類以外では植物性プラセンタや海洋性プラセンタもあります。
植物性はトウモロコシや大豆が受粉する、胎座から抽出される成分です。
アミノ酸やミネラル成分は豊富ですが、成長因子が含まれていないためアンチエイジングの効果は期待できません。
▼植物性についてもっと詳しくはこちら


▼海洋性についてはこちら


このようにひとまとめにプラセンタといっても種類によって特徴なども大きく異なります。

このページの先頭へ