馬と豚

注射で注入することもできるプラセンタのメリット

プラセンタは美容界でとても人気のある成分の一つです。
いろんな商品に配合されているので、一度は目にしたことや耳にしたことがあるという人が多いのではないでしょうか。

そんなプラセンタは日本語で、胎盤という意味があります。
胎盤と聞くと少しグロテスクなイメージを持つ人も多いでしょう。
しかし胎盤には、小さな受精卵が新生児に成長するまでに必要な細胞分裂を支えています。
なのでとても重要な役割をしています。
多くの栄養素を母体から取り入れ、受精卵にその栄養素を与えるわけですから、プラセンタの働きはとても神秘的なものです。

そんなプラセンタの研究が進み、今では細胞を促進させる成分を抽出して美容成分として取り入れることができるようになりました。

プラセンタの人気が出たのも、摂取の仕方が選択できるという点です。
多くの美容に良い成分というのはすぐに効果が得られるものばかりではなく、長い時間をかけて毎日の積み重ねが大切になります。
しかし、この成分の場合は摂取方法によって効果のあらわれ方が違うということです。

主な摂取の良方法としては、注射や塗るタイプ、飲むタイプなどに分かれます。

中でもすぐにでも効果が得たいという人には、プラセンタ注射で摂取する方法があります。
プラセンタには細胞分裂を活性化させる働きがあります、
なので肌のたるみ、しわ、シミなど気になる部分に直接注射を使用して摂取します。
すると早ければ翌日には肌の違いを実感することができます。

また肩こりがひどい人は、肩に直接注射する人もいます。
他には更年期障害の症状緩和のために、点滴という形で摂取する人もいます。

美容効果だけでなくいろんな治療の一環としても注射でプラセンタを摂取する人が増えてきています。
注射での摂取は最も効果が早く実感できるということもあり、美容界ではアンチエイジングの一つとして人気があります。
医療現場でも使用されているのですが、プラセンタ注射をするとできなくなることがあります。
また、基本的に保険適用にならないため高額にもかかわらず全額負担となります。

そんなプラセンタ注射を続ける期間はどのくらいがベストなのかはこちらを参考にすると良いでしょう。

このページの先頭へ