馬と豚

馬プラセンタと豚プラセンタの特徴と違い

美容系サプリメントが増えている中で、注目されているのがプラセンタです。
このサプリメントの原材料としてよく使用されているのが馬と豚のプラセンタです。
なのでまずはこの二つの特徴についてしっかり把握しておきましょう。

まず豚プラセンタは、サプリメントなどで一番多く使用されていることが多いです。
その理由として、豚は年に2回出産をします。
さらに1回の出産で10匹もの赤ちゃんを産むため一度で大量のプラセンタを得ることができます。
これらの理由からもととなる胎盤をより多く得ることができます。
原材料を多く得ることができるということは、それだけ大量生産が可能になるということになります。
なのでプラセンタの中でも比較的に価格が安く提供されているというのが特徴です。

問題点としては、豚は病気になりやすいためワクチンや薬剤を投与されているケースもあります。
そのような豚から採取したものは完全に安全とは言い切れません。
もしかしたら何かしらが胎盤に悪影響を与えてしまっているということも考えられます。

なので豚プラセンタを選ぶ場合は、SPF豚のプラセンタがおすすめです。
SPF豚は日本SPF豚協会によってある一定の基準を満たされた豚のみ与えられる称号です。
条件とは抗生物質を一切与えず衛生管理法を守った上で、厳しい基準をクリアしなくてはいけません。
厳しい審査基準の中から選ばれた豚になるので、豚タイプの中では一番安心して購入できます。


これに対して馬は、1年に1度しか出産することがないので貴重なプラセンタとなります。
また産後に馬は自分の胎盤を食べる習慣があるので、すべて原材料として得られないこともあります。
特に馬プラセンタはサラブレッドのものを使用するため、数も限られてきます。
よって馬タイプの方が高級で希少価値も高いため、価格も豚タイプよりも高くなっています。

またプラセンタの質も豚タイプよりもはるかに上回っています。
豚には含まれていない必須アミノ酸が6種類と栄養価が高いため、豚よりもアミノ酸含有量が数百倍もあります。

そして馬は病気や感染病にもかかりにくく丈夫な動物です。
飼育環境もサラブレットであればとても管理が厳しく育てられているので安心して摂取できます。
このように馬プラセンタは高品質でありなおかつ貴重なもののため、価格も高いものが多いです。
また、偽プラセンタには注意しましょう。

このページの先頭へ