馬と豚

プラセンタとヤコブ病の関係性

アンチエイジングや美容効果が高い商品が増えているなかで、プラセンタは知名度も実績も残す一つの成分となりました。
なので多くの女性がプラセンタを聞いたことがあったり、知っているという人が増えています。
ただし実際プラセンタを摂取してみようと考えるまでは、より詳しくどのようなものかということを知らない場合もあります。

アンチエイジングを本格的に取り入れたい人や、美容効果を得たいと思う人は、プラセンタがどのようなものなのか知ることが大事です。
プラセンタは、哺乳類の胎盤を指しています。
胎盤は受精卵が成長して赤かちゃんとしてこのように生まれる間で必要な栄養素を与える大事な役割をしています。

胎盤がなければ母体と赤ちゃん繋ぐことができず、十分な栄養素を与えることができません。
なのでプラセンタがいかに短期間で赤ちゃんの成長を促進させているのかが分かります。
プラセンタが胎盤と聞くと、なんだかグロテスクなイメージを持つ人が多いため、いろんな心配が増えます。

中でも一番心配な要素としては、感染症の危険性です。
豚や馬などのプラセンタを使用したら、何かしらのウイルスを接種してしまうのではないかと恐れる人も多いです。
中でも恐れられている感染病の一つにヤコブ病があります。

ヤコブ病とは、急にめまいや立ちくらみを起こし意識障害に陥ります。
その後だんだん体が動かなくなってしまい寝たきりになって亡くなってしまう病気です。
発症からわずか1年から2年で最悪のケースにまで進行してしまいます。

明確な治療法がないことから、感染したら死の病気と恐れられています。
このようなヤコブ病に全体感染しないという保証もなければ、感染するともいえない状態であるということです。
もちろんそのほかの感染病に影響がないように何度も検査や加熱処理を行っています。

それでも体内の感染症の危険部位としては上位に入るため、十分な注意が必要だということです。
そういったリスクもしっかり把握したうえで、自己責任で摂取しなくてはいけません。
もちろん美容効果やアンチエイジングにも効果があることは明確です。
そういったメリットとリスクを比べながら決めていかなくてはいけません。

このページの先頭へ